サポニンの多い高麗人参を使った健康食品で未病を防ごう

老夫婦

ダイエットの効果がある

健康飲料

健康にいいけどあまり飲みたくないと答える人が多いのが青汁です。青汁は緑色の飲み物で、ほとんどの場合は苦くて舌触りが残るような飲み口になっているのです。そんな飲み難いイメージのある青汁ですが、最近はいろいろなメーカーが試行錯誤を重ねて飲みやすいものを提供しています。例えば、舌触りのサラサラとしているものや、苦味がほとんどなく美味しく飲めるものもあります。そういった飲みやすい青汁ができたおかげで若い世代でも青汁を飲むようになっているのです。また、ダイエット効果が期待できるというのも若い世代が飲むようになった一因でしょう。青汁にはケールや大麦若葉、明日葉などが使われているのですが、その中でも明日葉を使っている青汁はダイエット効果が高くなっています。なぜかというと、明日葉にはカルコンというフラボノイドの一種が含まれており、それが下半身によくつくセルライトを溶かしてくれる効果があるのです。セルライトはなかなか落ちない固まった脂肪のことで、それを除去するためにエステへ通う人もいます。明日葉入りの青汁を飲むことで、その頑固なセルライトを分解できるというのは大きなメリットだといえます。また、明日葉にはカリウムも含まれていて、この利尿作用のおかげでむくみを解消することができます。明日葉を含んでいない青汁あっても、食物繊維が豊富なことには変わりないので、便秘を解消してスッキリしたお腹を手に入れることができるでしょう。飲みやすい青汁を使ってダイエットを行ないましょう。